ブログー歯医者の独り言

歯科医院では通常のパノラマ撮影というのがあります。
おおむね全体を一回で撮影できるものです。
しかし、細かいところまで見ることができません。そこで登場したのがCBCTと呼ばれるれレントゲン撮影方法です。
これにより、今までは診断不可能だったところも、診断が可能になっています。
CBCT歯科用コンビームCT